弁護士と司法書士との違い

司法書士の権限

 司法書士には,140万円以下の借金について,債権者との交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認められています。弁護士にはこのような制限はありません。この権限の違いから,司法書士と弁護士では,以下のような点で違いが生じます。

 任意整理の場合

 借金の総額が140万円以下の場合や,140万円以下の過払金回収を依頼する場合は,弁護士と司法書士で基本的に違いはありません。

 過払金が140万円を超え,交渉での回収ができない場合は,地方裁判所に返還訴訟を提起することになりますが,司法書士には地方裁判所における訴訟代理権がありません。

 したがって,司法書士に依頼した場合は,ご自身で裁判所に行き,訴訟を追行する必要があります。

 また,過払金が140万円以下でも,弁護士の場合,原告数名で集団訴訟を提起することで,140万円を超える金額を請求し,貸金業者との交渉をスピーディーに進められることがあります。

 自己破産・民事再生の場合

 自己破産や民事再生は,地方裁判所に申立を行う必要があることから,簡易裁判所の訴訟代理権しかない司法書士は,自己破産や民事再生の申立代理人にはなれません。

 したがって,司法書士に依頼した場合は,申立手続きや裁判所への対応はご本人で行うことになります。